あの『テーブルポン(TABLE PONG)』が復活! 往年の名作ゲームがもたらす新たな体験とは?

with コメントはまだありません

「無性にゲームがしたい…」
癒しを求め、ときにはそんな気分になることも。
とはいえ、最近流行りのゲームは見るからに複雑で、逆に疲れてしまいそう。

ゲームに熱中したあの頃、人生のあの季節。
そんな時代に戻って、かつてハマった感覚に浸りたいと思いませんか?

そんなあなたにおすすめのゲーム商品をご紹介します!


出典:https://www.taito.co.jp/pong

『テーブルポン(TABLE PONG)』とは?


出典:https://www.taito.co.jp/pong
テーブルポン(TABLE PONG)
予算 591,800円(税込)

『テーブルポン(TABLE PONG)』というアーケードゲームをご存知ですか?
点がボール、線がラケットを表した、シンプルな卓球ゲームです。
角度や速度を変えながら、ボールを打ち合います。
撃ち合うわけでもなく、頭を使うわけでもない。
ただ、忘我の境地で熱中したい。
そんな方におすすめのレトロゲームが『テーブルポン(TABLE PONG)』なのです。

伝説のゲーム企業「ATARI」

今を遡ること50年ほど前、1972年に名作ゲーム『ポン』を開発したATARIは知る人ぞ知る、アメリカの伝説的なゲーム開発企業です。あのiPhoneの生みの親、アップル・コンピュータの故スティーブ・ジョブズも在籍していたことで知られています。

新型筐体の特徴は?


出典:https://www.taito.co.jp/pong

温泉旅館などでよく見かけるあの筐体です。
モノクロでスタイリッシュな洗練されたデザインになっています。
時計やBluetoothスピーカー、スマホのUSB充電が付属するなど、現代にアレンジした多機能型に進化しています。
少ない情報量だからこそ熱中して遊べ、盛り上がれるのは『テーブルポン(TABLE PONG)』の大きな魅力です。
新型『テーブルポン(TABLE PONG)』はこの生理的要求に答えるべく、もともとのデジタルな要素を極力排し、3次元の物体が平面状を移動するという原理で作られています。
旧型のゲームスタイルは変わらずに保たれ、かつてのプレイヤーに昔ながらの安心感や安堵感を与える一方、斬新で魅惑的なデザインが特徴です。極上のインテリアとなること間違いないでしょう。

アナログゲームのもつ圧倒的な安心感


出典:https://www.taito.co.jp/pong

現在、デジタルからアナログへの流れがゲーム業界のひとつの大きなトレンドになっています。
その理由として、長く続いたデジタルブームに対する反動や、アナログの方が人間として癒やされるという部分が大きいと考えられています。
旧来のボードゲーム、たとえば将棋や囲碁、麻雀といった伝統的なボードゲームも今やスマホひとつで楽しめる時代。
それでも盤をはさんで生身の相手に向き合って現物の駒や石・牌で対人勝負するという、かけがえのないアナログ対戦の魅力には未だにデジタルゲームは勝てないのです。
”無機質なコンピュータではなく、温もりの感じられる対人勝負がしたい。”
”どこか懐かしさを感じたい。”
互いに会話をしながら、ときには悲鳴を上げたりながらも、感情を表に出してプレイすることには何にも代えがたい喜びがあります。
それは究極的には私たちは生身の人間以外の何物でもなく、ゲームの勝負にもどこか人間的な要素を求めている所以なのかもしれません。

コンピューター対戦モードも搭載

『テーブルポン(TABLE PONG)』は対人の2人対戦のほか、コンピューター対戦も可能となっており、2種類のモードで楽しむことができます。ですので、1人でも気分転換にゲームを楽しんだり、対人対戦に備えてコンピューターを相手に技を磨くなど練習をすることも可能です。

コミュケーションツールにもなるプレゼント


出典:https://www.taito.co.jp/pong

近年ゲーム業界が注目されていますが、オンラインゲームが中心となっているため、お互いの顔も温度も感じることができなくなっています。
アナログゲーム『テーブルポン(TABLE PONG)』では、相手やゲームを見守る観客で盛り上がることができます。
そのため、個人宅に限らず、シェアハウスやダイニングバーなどの人が集まる場所に、プレゼントをするのも喜ばれるかもしれません。

まとめ

クールでスタイリッシュな外観の新型『テーブルポン(TABLE PONG)』は、レトロな懐かしさを感じさせつつもゲームの新たな魅力を引き出した商品です。興味を持たれた方は、ぜひ問い合わせてみてください!