独身貴族がおすすめする大人こそ楽しめるゲーム/体験する映画BEYOND(ビヨンド): Two Souls

with コメントはまだありません

ゲームというと、どんなイメージをお持ちですか? 子供が遊ぶもの? パーティーでみんなでわいわい?
いろんなイメージがあると思います。
独身貴族からは、大人こそ楽しめるゲーム体験をご提案いたします。
おしゃれでハイセンス、自分だけのエンディングを迎える映画があったら、見てみたいとは思いませんか?


出典:https://www.jp.playstation.com/
BEYOND(ビヨンド ): Two Souls
プレイステーション4ダウンロード版
予算 3,463円(税込)

 

体験する映画第一弾 ゲーム『BEYOND(ビヨンド): Two Souls』


出典:https://www.jp.playstation.com/

体験する映画第一弾としておすすめするのは。こちらのゲーム『BEYOND(ビヨンド): Two Souls』
カバーを見て驚かれるかもしれません。
まるで映画のポスターのようですよね。
ストーリーは

不思議な能力を持って生まれた“ジョディ・ホームズ”と、彼女だけがコンタクトできる霊体“エイデン”の数奇な運命を辿るサイコスリラーアドベンチャー。見えない鎖でつながれ、片時も離れることができない2人。物語は、その特異な存在ゆえに追われる2人の壮絶な逃走劇から始まる。
引用:https://www.jp.playstation.com/

というもの。
実際プレイしてみると、想像以上にヒューマンドラマです。

独身貴族が体験する映画としておすすめする理由


出典:https://www.jp.playstation.com/

どうして今回、ゲームを「体験する映画」としておすすめするかと言うと、このゲーム、実は全編を通して俳優が演じています。
主人公のジョディ役を演じたのは、ハリウッド女優エレン・ペイジ。彼女は、日本では渡辺謙と共演した映画『インセプション』が有名ではないでしょうか。2007年映画『JUNO/ジュノ』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた経験を持つほどの実力派。
そんな彼女の演技はモーションキャプチャーされ、表情の細部までゲーム内で再現されています。
プレイヤーはさまざまな場面で行動を選択し、CGではありますが、実際の女優が演じたものを見ることが出来るのです。
また、ジョディと複雑な関係へと陥るネイサン・ドーキンス役としてハリウッド俳優ウィレム・デフォーが出演しています。
豪華なキャスティングのもと描かれるストーリーは、今までにない魅力的な作品となっています。
出典:エレン・フィリポッツ=ペイジ(Wikipedia)
出典:ウィレム・デフォー(Wikipedia)

BEYOND(ビヨンド): Two Soulsの魅力


出典:https://www.jp.playstation.com

まずはゲームならではのド派手なアクションシーン!
ゲーム中は、選択式の会話シーンだけでなく、タイミングに合わせて表示されたボタンを押す“QTE(クイック・タイム・イベント)”があります。選択肢以外にも、自分の操作ミスで思ってもいない展開が起こりえるのです。(もちろん、難易度は選べます)
ただし、アクションは爽快で、ストレス発散! ハリウッド映画のようなアクションシーンもあります。
このアクションも、ジョディとエイデンのスーパーナチュラル(超能力的)な力を由来するものから、実際の武器による戦闘まで様々です。

ストーリーも実に骨太。
現代アメリカを舞台に、超能力研究からティーンの悩み、そして成長したジョディに与えられる任務などを通して、プレイヤーはジョディとエイデンの人生を体験し、選択していくことになります。
ここで注目なのは、ジョディの幼少期エピソード。幼いジョディは自身の特異性ゆえに研究所で暮らすことになります。ジョディの幼少期を、キャロライン・ウルフソンという子役が演じています。エレン・ペイジの演じる成長後のジョディと遜色のない演技力に驚かされます。
モーションキャプチャーで表情に至るまで細部まで再現された幼少期のジョディは、激動の人生のはじまりを予感させます。

今作の最大の特徴は、出来事が時系列でチャプター分けされていません。
ジョディが幼い頃からはじまり、死ぬまでという単純なものではなく、出来事出来事を飛び飛びで見て行きます。
ゲームを進めながら、プレイヤーは「この時のジョディの行動にはこんな理由があったのか……」と衝撃を受ける展開も続きます。
ただ、これはあなたが選択する映画です。あなたの選択でジョディの迎えるエンディングは、想像以上に大きく変わります。
思わず涙すること間違いないジョディの人生、ゲームだからといって倦厭していては勿体ない!

海外発ゲームならではの特徴


出典:https://www.jp.playstation.com

海外のこの手のモーションキャプチャーを用いたゲームのシナリオは、辞書ほどの厚さがあります。選択肢の度にたくさんのリアクションを撮影し、ゲームに取り込むためです。
そのためにこのゲーム『BEYOND(ビヨンド): Two Souls』をおよそ1年をかけて演じたと、ジョディ役エレン・ペイジはインタビューで明かしています。
ハイセンスな映像、トリック、没入感の高いシナリオ。
「ありえそう」「もしかしたらこの世界のどこかで起きているのかも」と想像させるほどの圧倒的なリアルさ。
自分が選択することでストーリーが変わる、自分のためだけの映画……そんな贅沢な時間を過ごしてはみませんか?

ゲーム好きの友人も未開拓?プレゼントとしてもおすすめです


出典:https://www.jp.playstation.com

本作品は、素晴らしいストーリー展開と有名な俳優さんを忠実に再現した表現力があります。
異色な作品なため、手に取らないまま本作品を未プレイのゲーム好きもいるはず。
後述しますが、本サイトの独身貴族編集長もその1人でした。
本作品は、当時プレイステーション3での発売でしたが、現在プレイステーション4にてダウンロードが可能となり以下のバージョンアップがされております。

“PS4”版の特徴
モーションブラー、被写界深度効果だけでなく、ライティングやシャドウを強化。
“PS4”に最適化された1080pグラフィックス。
ゲームプレイを改善し、周回プレイをしやすく、より深くのめり込めるゲーム性に。
選択は各シーンの最後でハイライト表示され、他のプレイヤーの選択と比較。(オンライン接続必須)
アクションシーケンスでの改良された操作、特定の戦闘シーンの難易度増加。
“PS3”版『BEYOND: Two Souls』の初回限定版に付属していた追加エピソード、実験施設での訓練を舞台にした「Enhanced Experiments(最先端の試練)」を収録。
引用:https://www.jp.playstation.com

また、本作品はゲーム初心者の方にもおすすめです。
ゲーム難易度が選べるのはもちろんのこと、難しい操作は少なく、あなたが感じたままを選択するだけです。
外出が億劫な休日に、自宅で体験する映画もいいですね。
『BEYOND(ビヨンド): Two Souls』は、ゲーム好きにもゲーム初心者にもおすすめできる、手軽なプレゼントにもなります。
友人・家族へ、いつもとは変わったプレゼントに『BEYOND(ビヨンド): Two Souls』を選んでみてはいかがでしょうか。

おわりに

今回、いつもの独身貴族とは少しコンセプトの違うゲーム記事で驚かれましたか?
実はこの記事はゲーム好きの独身貴族編集長との打ち合わせの中で、「このゲームがすごい」と売り込んだものでした。筆者自身は普段ゲームのシナリオライティングをメインで活動しているもので、従来のゲームにはない『体験する映画』がもっと広まってほしいなと感じています。(かつてPSには『やるドラ』シリーズはありましたが)
これからも、男性女性限らず楽しめるゲームをご紹介いたします。

Follow :

森きいこ

好きなものは好き!みなさまのゆっくりできる時間・空間を彩る記事をお送りいたします。